スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中3の夏


 甥っ子が参加した中学校の総合体育大会を見に行った。場所は千葉市の総合スポーツセンター。
 甥っ子が参加したのは剣道で、場所はスポーツセンター内の武道館だった。
 その日は個人戦が行われ、参加者は男女あわせて200名程度。試合はトーナメントで行われ、その中から県大会への参加者が選ばれる。県大会へ進めるのは男女ともに3名のみだ。
 甥っ子は中学から剣道を始めたばかりで、まだキャリアは2年半しかない。強豪はみな小学生のときから稽古をしている。かなり不利な状況なのだが、甥っ子はかなり強い部類に入るらしい。
 甥っ子の中学は市内では、トップクラスの強豪校で、日々厳しい稽古を重ねてきた。その甲斐があって、現在はその強豪校で副部長を務めるナンバーツーだ。
 市内で個人戦トップスリーに入るのは至難の業だ。しかし本人はそれなりに自信があり、何より強い希求心がある。
 甥っ子のブロックには、新人戦で優勝した市内で最強の剣士がいた。順調に進めば、準々決勝で激突する。もし彼に勝つことができれば、県大会への道は一挙に開ける。
 一回戦、甥っ子は圧勝した。制限時間は3分で、二本先取した時点で試合は終わる。甥っ子の一回戦は、1分もかからずに終了した。
 甥っ子の剣道の試合は、ビデオでは見たことがある。かなりセンスがいいように思った。実際に始めて、彼の動きを見たが、相当に強い。剣道は2年半のキャリアだが、空手は小さいころから続けていて、県の大会で準優勝したことがある実力者だ。相手の動きをわずかな動きでかわし、電光石火のカウンターを決める動作は、空手で会得した反射神経のおかげかもしれない。
 一回戦が終わった時点で、甥っ子に声をかけにいった。先述のごとく、甥っ子の中学は強豪である。強豪校は特権として、ソファーのコーナーを独占できる。特権を有するのは市内で二校のみ。
 ソファーに行くと、甥っ子はどっしりと腰を下ろし、大物然としてくつろいでいた。周りには1、2年生がかしずいていて、一目で実力者と分かる雰囲気を醸し出している。
「よかったぞ、さっきの試合。しかし次の奴は、強そうだな」。次に当たることがわかっていたので、僕は相手の試合をよく観察していた。動きは荒っぽいが迅速で、さらにパワフルだ。
「たいしたことないよ」。しかし甥っ子は実力者らしく、余裕の返答だ。剣道の世界は競技者がそれほど多くないから、市内の選手はほぼ全員知っているようだ。その選手とも何度か手合せしたことがあるのかもしれない。
 いよいよ2回戦が始まった。両者がそんきょの姿勢になったとき、大人の男性が近づいてきて、いきなり甥っ子を場外に追い出した。いったい何があったのだろう。見物客は騒然となった。
 剣道は対戦者を識別するために、赤と白のリボンを背中につける。甥っ子は白の側だったが、そのリボンを付け忘れ、審判に注意されたようなのだ。
 それからの甥っ子の慌て振りは、見ていてかわいそうになるほどだった。近くにいたチームメイトに借りようとしたが、あいにく持っていない。走って、例のソファにまで、取りに戻ったようだ。会場に戻ってきたときは、肩で息をしていた。
 さて試合が始まった。甥っ子の動きは固い。体中に力が入ってしまっている。やばい、そう思った瞬間に両者が激突した。すると審判の赤旗がいっせいに上がった。何がおきたのだ。あれで一本なのか。剣道の判定は素人には難しい。きっと面が入ったのだろう。
 二本目が始まった。甥っ子は怒涛の責めを繰り広げた。相手を押して、押して押しまくる。しかし相手も負けていない。竹刀を振り回し、気力で押し返す。
 どんどんと時間が過ぎていく。相手の応援団は時間切れを期待し、「守り切れ~」と、声援を送る。
 ああ、時間が終わってしまう。そう考えたまさにそのとき、甥っ子と相手が同時に面を打ち合った。やった、これで同点だ。しかし挙げられた旗は、4本とも赤だった。
 なんと想定外の2回戦負けを屈してしまった。
 これで個人戦は終わった。毎朝、誰よりも早く体育館に行き、放課後は誰よりも遅くまで残って稽古をしていたことは妹から聞いていた。その努力の結果が、2回戦敗退だった。
 僕はすぐに、母と帰ることにした。妹夫婦はすべての試合を最後まで見ると言って、残っていた。
 帰りしな、例のソファに行くと、甥っ子は両足を大きく広げ、ソファにふんぞり返るようにして座っていた。辺りには緊張感が漂い、後輩たちは遠巻きにして立ち尽くしていた。
 僕らそれぞれが声をかけると、甥っ子はただ悔しい表情をするばかりで、無言で返した。
 母は途中、買い物をしていく予定だったが、「力が抜けた」といって、そのまま家まで帰って行った。僕はビールのロング缶を千葉駅のキオスクで買い、総武線のボックスシートでひとり飲みながら逗子まで帰った。
 

スポンサーサイト

昼間のなぎさ珈琲


 昨日は新聞社時代の知人が所要で鎌倉まで来たとのことで、逗子で会った。駅で待ち合わせをしたのだが、僕の風貌の変わりように、会うなり驚いていた。このブログでは、最近自分やまわりの人の写真をアップしていない。とくに大きな理由はない。いい歳をしたおっさんが、自撮りなんかするもんじゃない(たまにするが)。記念写真を撮る習慣は、あまりない。それで適当な写真がなくて、載せていなかったのだ。
 最近の僕は長髪である。どのぐらい長いかというと、肩にかかる程度。男性の肩にかかる程度の髪というと、ピンとこない人が多いと思う。例を出すなら、長いときの木村拓哉ぐらい。しかし中身も加味すると、あの佐村河内守といった感じだ。
 とにかく、相当に異様であるようだ。

 知人とは「なぎさ珈琲」で昼食を取った。外の席だ。席からは逗子海岸が一望できる。昨日は天気がよかったので、ハワイ気分を味わえた。
 平日であったからか、それほどは混んでいなかった。海に面する、よい席に座ることができた。
 しかし改めて、逗子はいいところだな、と思った。客層が、いい。女性はおしゃれできれいな人が圧倒的に多い(昨日は特別かもしれない。本当にびっくるするほどきれいな人が何人かいた)。男性はゆったりとしていて、余裕が感じられる。
 危険を感じない。歌舞伎町なんかの喫茶店でお茶をしていると、頻繁にその筋らしき人が出入りしたしている。歌舞伎町は特別だとは、思う。しかし千葉の実家近くのファミレスなんかでも、ちょっとやばそうな兄ちゃんや、姉ちゃん、おじさん、おばさんが、結構やってくる。そんなタイプの人がまったくいないので、緊張感を強いられない。
 よく人から言われるのだが、「近くに良い場所があるのだから、PCを持ってそこで仕事をすればいいのに」と。昨日は、こんな場所で仕事をするのもいいなと、改めて思わされた。
 仕事が順調に進み、外でコーヒーを飲むことに抵抗を感じない経済レベルに達したら、そんな贅沢をしてみたい。今のところは、まだ早い。

 仕事といえば、また某懸賞に応募しようかと思っている。締め切りは8月末だ。あとひと月半。
 これからまた、締め切りに追いまくられる日々になる。今回も300ページぐらい、書くつもりでいる。しばらくはハワイ気分は、お預けとする。

梅干し作り


 昨日、梅を漬けた。日曜に大船で買った1キロ250円の小田原産「十郎」をひとつずつヘタを取り、焼酎で消毒して漬けた。
 昨年は8キロ漬けたが、今年は9キロを漬けた。大船で買ったのは10キロだった。しかし家で重量を計り直すと、9.5キロほどしかなかった。さらに傷んでいたものもあり、9キロになった。
 ただ9キロでよかった。うちの甕は8キロ用のものだ。昨年、8キロ漬けたときに、まだ余裕があり10キロでもいけると考え、今年は10キロ買った。しかし実際に、正確に計量したら、9キロが限度のようだ。きっと昨年も8キロ買って、実際に漬けたのは7キロぐらいだったのかもしれない。
 梅干しは買うと高い。和歌山産の高級版だと500グラムで2000円ぐらいする。もっと高いのもいくらでもある。僕は家で付けた分で足りなくなると、横須賀の農協で買うが、500グラム500円である。
 うちの梅は今回は9キロ。しかしできあがれば7キロぐらいに減ると思う。梅酢が出てしまうので。梅干し作りにかかるコストは梅代が2500円。塩が約500円。合計で3000円である。3000円で7キロの梅干しが作れる。
 しかしこれを500グラム500円で売るとすると、僕は躊躇するだろう。7キロの梅だから、今年の売上は7000円になる計算だが、とてもそれでは手放せない。7万円ならば、考える。
 そうすると500グラムで5000円の高級紀州梅と同程度の値段になる。やはりこの価格は、適正なのだ。
 横須賀の農協に出荷されている梅干しは、梅干し農家が作ったものではない。他で主な作物を作っていて、自家消費用に作った梅干しの余分を販売しているのだ。だから安い。値段だけで考えれば、ここで梅干しを買うのが、自分で作るよりトータルでは安いと考える。
 自分で車を運転し、大船まで梅を買いに行く。半日仕事だ。梅を漬けるのも半日仕事。それから梅を天日干しにする必要がある。天日干しは3日に渡る。その間、なんども梅をひっくり返さなくてはならない。これらの労力をコストで計上すれば、それだけで数万円の価値があるだろう。
 それでも僕は、これからも自家製の梅を作りたいと思っている。なんといっても、美味い。高級紀州梅と比べても、ずっとうまいと思う。その理由は僕にはわからない。しかし、不思議なことに、とても美味い。
 そして安全だ。スーパーに売っている梅干しには、添加物がてんこ盛りで加えられている。健康なはずの梅干しを食べて、かえって体調を崩す元になりうる。
 そしてやはり、梅干し作りは、楽しい。物を作り上げる喜びが、そこにある。

 昨日から我が家のキッチンは、梅の甘酸っぱい香りが満ち満ちている。

梅干し

 

近くのフレンチと、大船で買った梅、それと「まるま」


 土曜日は近くにあるフレンチのレストランに、かみさんと行った。ちょっと過ぎていたが、かみさんの誕生日を祝うためだ。
 そのレストランの存在に気付いたのは、今年になってからだ。散歩の途中に見つけた。住宅街にある普通の家をレストランに改造したようで、なかなかおしゃれである。食べログで評判を見ると悪くない。何でもシェフはフランスで修業していたそうで、期待が持てる。値段もリーズナブルである。
 喜び勇んで向かったのだが、結果は「so so」というレベルだった。
 うーん、何なのだろう。きっと住宅街にあるレストランの一般的な基準からすれば、平均を超えていると思う。しかし鎌倉、逗子、葉山のレベルは最近とみに上昇している。あるいは最近は、鎌倉の「レネ」に年に何度か顔を出していて、我々の舌が「レネ」対応になってしまっているのかもしれない。
 「レネ」と比較すると、非常に庶民的というか、ジャパニーズ向けテーストであり過ぎる。「レネ」だって、十分に庶民的なのだが、フランス人シェフが作る料理には、毎回何がしかの驚きがある。今回のフレンチは、見た目も普通、口に入れても普通。サプライズがまったくない。
 しかし近いことは魅力である。我が家から徒歩5分で行けるのだ。それにディナーは5000円と3500円(たしかそのぐらい)。今回は5000円にしたが、3500円の方でも量は十分のようだ。
 気が向いたときに、ふらっと立ち寄るには理想的なロケーションと値段である。多分、また行くと思う。

 日曜は大船に行った。梅干し用の梅を買うためだ。去年、買った店では、もう梅は売ってなかった。年配の男性店員に聞くと、「もう梅はとうに終わったよ。ちゃんと買った日を記録しておかなくっちゃ、ダメだよ」なんて言われた。しかし僕は毎年、購入日を付けている。昨年、その店で買ったのは、7月7日だった。今年よりも、一日遅い。
 散々、「もう遅い」を連呼していたが、隣の店を覗くと、まだしっかり売っていた。さらに極安で。
 去年は8キロだったが、今年は10キロ買った。梅のクオリティーも悪くない。そちらの店で聞いたところ、梅は毎年、出る時期が微妙にずれると言う。その日はたまたま安く良い梅が入荷できたらしい。
 来年はもうちょっと早く行った方が、やはり良さそうだ。それにしても、ぎりぎりセーフで買えて良かった。買えなかったら、一年を棒に振ることになったのだから。
 ランチはおでんセンターに向かったのだが、生憎休みだった。そこで「まるま」という名の立ち飲み屋で500円ランチをやっているのを見つけ、入ってみる。
 これが大正解だった。僕はロースかつ定食、かみさんはトリの空揚げ定食を頼んだ。量は十分、味もなかなか。これで500円とは。
 女性の店員がホールを一人で切り盛りしていたが、けっこうの美人で愛想がよかった。昼間から大勢のおじさんたちが、わいわいと飲んでいた。僕もそこに加わりたくなったが、車だったので早々に引き揚げた。
 

体重増で体脂肪減は難しい


 6月末締切のものを終えてから、のんびりと過ごしている。午前中に一日のノルマ仕事を終え、午後は読書と筋トレ、ウォーキング。日中に夕食の支度を済ませてしまい、午後6時に風呂に入ってから、ちゃちゃっと夕食を作り、後はのんびりワールドカップを見ながら晩酌である。

 ところで筋トレとウォーキングについてだ。3月から執筆を始めたのだが、それ以来、筋トレとウォーキングをサボらなくなった。書くのが結構つらいので、筋トレとウォーキングに逃避するのだ。おかげで毎日、続けられている。
 筋トレ、ウォーキングは以前もずっとやっていたが、結構いい加減だった。一か月ぐらいやらないときもあったりした。それにやっても週に3日程度だった。それが3月からはだいたい毎日できている。

 筋トレのメニューは腕立てと懸垂、それと四股踏みだ。
 腕立ては最初は10回5セットから始めた。一か月に1回ずつ増やして、今は12回を5セット。
 懸垂は5回3セットから始めた。僕は体重が軽いので、昔は懸垂が得意だった。高校のときは18回ぐらいできた。ところが8年ぐらい前に、懸垂マシーンを買って試したら、体重は変わらないのに、全然できなくなっていた。そこで5回から始めた。以来、やっては止め、やっては止めを続きていた。しかし2年前からは、どうにか続けてている。
 2年前に5回から始め、2か月で1回ずつ増やした。今は12回を3セットまで増えている。多分、1セットだけなら15回ぐらいまではできるようになった。
 四股踏みは3月から始めたばかりだ。100回1セットから始め、今は120回1セットである。これは300回ぐらいまで増やしたいと思っているが、正直自信がない。300回もやると時間がかかるからだ。
 ウォーキングは近くの森を1時間10分早足で歩いている。1時間10分と中途半端なのは、時間でなくコースで決めているからだ。たまたま歩きたいコースがそのぐらいの距離なのだ。

 これだけやって何か効果があるかというと、けっこう微妙である。
 5月28日から、毎日風呂に入る前に体重と体脂肪を計って手帳につけている。5月28日は55.6キロで16.3%だった。その前にちょっとダイエットをしていて、体重が減っていた。ちょっと減らし過ぎかと思い、体重増を狙った。もちろん筋肉量のアップでの体重増加だ。1か月後の目標は55.9キロで16.1%だった。体重を300グラム増やし、体脂肪を0.2%減らすのだ。なんでこんなに細かいかというと、1年で3キロ増やし、2%減らそうと目論んでいるからだ。
 ところが。体重は56.6キロになった。700グラム増で、目標を大きくクリア。そして体脂肪はなんと18%になってしまった。
 体重も体脂肪も結構、日々のブレが大きい。57キロぐらいの日もあるし、15%台の日もある。しかし均すと、それなりの数字が見えてくる。今の56.6キロ、18%は最近の平均と大きくはぶれていない。だからこれが実態である。
 ちょっと体重を付けすぎてしまった。最近はご飯を大盛りにし、昼食後はケーキだとか菓子パンだとかを食べていた。これからはスイーツ系は控え、ご飯は普通盛りに戻す。来月は、目標値に近づけたい。さて、どうなるか。
 

昨日、無事投かん


 昨日、この一か月集中して書いていた文章を書き終え、某出版社に郵送してきた。
 とくのこの一週間は、朝起きてから夕食の支度を始めるまで書き続けていた。土日は食事の支度はかみさんがしてくれるので、朝の5時から夜7時まで昼食の15分ほどを除いて書いていた。14時間だ。夕食ができ、区切りを付けて止めるのだが、その後、目が痛くてしばらくソファでひっくりかえっていた。あんまり根を詰めて書くのは、目に悪い。ちゃんと余裕を持って、書かなくてはいけないと、反省した。
 6月30日が締め切りで、30日の午後1時に何とか形にし、印字した。それから郵便局へ行き、レターパックで送った。360円なり。
 常に締め切りに追われるタイプだが、今回とくに厳しかったのは、枚数の制限を大幅に超えたからだ。完結した時点での枚数は290枚だった。上限は200枚だったので、これを思い切って短くするのに苦労した。
 前回のブログでは、他の賞に切り替えようかと考えていると書いた。悩みに悩んで、やはりこの賞に出すことに決めた。この賞に向けて考えたテーマである。それと、短縮できる良いアイディアが浮かんだことも要因だ。
 元の原稿は一行、30文字で書いていた。これを20文字に改編してみた。そうしたらそれだけで、250ページぐらいに縮まったのだ。僕の文章はわりと改行が多いので、最後の文の後の空白が多い。一行の文字数を減らせば、その空白スペースが減る。
 それと段落ごとに一行空けていたのを、すべて詰めた。章ごとには改ページしていたのを、行を空けるだけにした。章ごとのタイトルと文章の改行を減らした。
 こうしたレイアウトの変更だけで、最終的には240ページほどになった。
 残りの40ページ分は、推敲しながら、削りまくった。なくても意味の通じる副詞、比喩、接続詞はことごとく削除した。余話的な全体の構成とはあまり関係ない文章も、ざっくり切った。
 できあがった文章は、ぶつ切りの文になると危惧したのだが、それがそうでもなかった。シンプルで、無駄がそぎ落とされていて悪くない。いかに普段の文章に余計な装飾が多いか、気づかされた。
 
 今週は今まで手の付けられなかった、日々の糧の仕事をできるだけ片づけるつもりだ。来週からは、また新たな挑戦をしたい。これについては、また後日。
 

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。