スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青臭いなあ、俺って


 気が付いたら、1か月以上も更新を怠っていた。ついに広告が掲載されているらしい。らしい、と書くのは、確認していないからだ。自分のブログを見ずに、僕はこの記事を書いている。
 なんだか見られない。一か月も放っておいた鍋の中を覗くようで、恐ろしいのだ。それと、申し訳ない。自分のブログに対して。
 昨日、新聞社時代の先輩から電話がかかってきた。「最近、ブログを更新してないけど、どうしたの?」と気遣っていただいた。他にも会う人、あるいはネットだけのお付き合いの方からも、ちょくちょく声をかけていだだく。
 さて、僕はなんでこんなにブログを更新しない人間になってしまったのだろう。以前は月の半分以上も、書いていたのに。
 昨日電話をしながら気付いたのは、もうひとつのブログを開設したことが要因になっているということだ。あれが、重荷になっている。自分では意識していないのだけど。
 もう一つの方は、児童文学に特化したもので、執筆や文学賞への挑戦過程などを小まめに記録していこうと思って、はじめた。 
 正直に書くと、始めた時点で、多分近いうちに、どこかの賞でひっかかる、いや大賞を受賞するだろうと想定していた。その過程、そして出版までの作業工程を書けたならば、後進の参考になるだろう。そんなよこしまなことを、目論んでいたのだ。
 それが、、、。
 最近、続けて二つの賞から、結果の連絡が来た。どちらも、選外であった。
 まーったく、落ち込んでいないと思っていたのだが、どうもそうではないらしい。ブログが書けなかったことから分析すると、そうなる。
 過去の受賞作品をかみさんに読ませ、僕の作品と読み比べさせた。最近、参加している小説修行の勉強会で発表もした。どちらも、悪い評価ではなかった。だけど、選外。

 もうやめちゃおうかな。でも、まだ始めて一年だし。もうちょっと、がんばろうかな。
 あんまり時間を無駄にしたくない。早めに心の決着を付け、少しでも、前に進みたい。
 青臭いなあ、俺って、と思う。なんだか、中学生のようなブログだな、これ。
 

スポンサーサイト
プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。