スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 『わたしの日本語修行』(ドナルド・キーン)を読んで


 『わたしの日本語修行』(ドナルド・キーン)を読んだ。東京外大教授の河路由佳が聞き役に、キーン氏の日本語習得過程をインタビューし、一冊の本にまとめたものだ。
 キーンは太平洋戦争中、19歳で海軍日本語学校に入学し、わずか11か月で日本語をマスターした。その習熟度合いは、行書をも解し、日本兵の日記を解読することもできた程だ。
 米軍が日本語学校を戦前、戦中に開校した目的は、日本情報の取得、暗号の解読、捕虜への尋問のためだ。キーン氏はたった11か月の集中学習で、これらハイレベルの担務をみごとにこなした。

 この本を読んだのは、もちろん自分の英語学習のためだ。何か参考になるのではと考え、手に取った。
 インタビュアーの河路氏は、「特別な環境で、特別な人がこなせたことだ」、といった意味のことを書いている。
 我々、現代の日本人英語学習者と、キーン氏などとの違いは、やはり特別な環境ということにあるだろう。もちろん、僕自身だけと比較すれば、特別な人ではないことも、理由ではある。しかし、今の日本だって、語学の才能がある人はいるだろう。しかしわずか11か月で、無から英語の達人になるひとは、皆無だ。やはり最大の要因は、特別な環境ということだろう。
 では特別な環境は何かと言えば、当然、戦争なのだが、学習者だけにスポットライトを当てれば、それは意欲だろう。何が何でも、短期間で学ぼうという学習意欲だ。
 キーン氏をはじめ、クラスメートはしかし、敵国日本を打ち負かす気持ちで勉強をしたかというと、それはゼロであったという。日本文化や文学を愛し、純粋な知識欲から学んだという。そうだろう。強いられては、本来の意欲はでない。内から湧き出ずるパッションこそが、最大のエネルギーなのだ。
 キーン氏は白洲次郎と何かの会議で同席をしたことがあるという。白洲のことを、みごとなブリティッシュイングリッシュを使うと評している。
 夏目漱石の英語はまた、完璧であるという。
 両氏は戦争とは直接に関係はなく、英語を習得した。両氏とも才能に恵まれていたことは疑いないが、それと同時に、強い意欲が結果をもたらしたのだろう。

 キーン氏は海軍日本語学校を卒業して、語学兵(将校)になったそうだ。語学兵という言葉は初めて目にした。日本軍にも、そういった専門兵はいたのだろうか。仮にいなかったとしたら、闘いの結果は、初めから見えていたことになる。

 大日本帝国のことは、この際は、どうでもいい。問題は自分である。はたしてパッションはあるのか。これも結果から推して、自明のことだ。
 「Festina Lente」というラテン語がある。英語だと、「Make haste slowly」。日本語だと、「急がば廻れ」。しかし「急がば廻れ」は原語に忠実でないような気がする。英語を直訳すれば、「ゆっくり急げ」だ。つまり粘り強く、取り組めという意味だ。
 才能もガッツもない僕は、これで、気長にやっていこうと思っている。
 

スポンサーサイト

奈良に行ってきた


 奈良へ旅行に行った。奈良はとても、良いとこだった。
 まず感じたのは、人の好さだ。忙しげに歩く駅員を呼び止めて、路線を聞いたら、わざわざダイヤ表を取り出して調べてくれた。トラックに荷物を積み込んでいたおじさんに道を聞いたら、これまた手を休め、丁寧に教えてくれる。観光地なのに店の店員が、のんびりしていて、横柄でない。そこらじゅうにいる鹿も、江の島のトンビみたいにはすれていなくて、おっとりしている。
 寺社仏閣は、ため息の連続だった。初日は興福寺と東大寺、春日大社を巡ったのだが、最初の興福寺で、もう知恵熱が出てきた。次から次へとお目見えする仏像の迫力と精緻さ、美しさ、神々しさに脳がついていけず、本当に気分が悪くなったほどだ。
 食事もよかった。奈良に美味いものなしというようだが、そうでもなかった。最初に入ったお好み焼きは安くて大きかったし、美味かった。その夜に入った飲み屋は、洒落ていて、それでいてまた安くて、美味かった。
 二日目の夜は奮発をして、奈良ホテルのメインダイニングでフレンチを食したのだが、これは安くはなかったが、めちゃ雰囲気は良かったし、そして美味だった。
 そう、僕らは今回、奈良ホテルに泊まったのである。西の迎賓館といわれる、あの奈良ホテルだ。
 このホテルが、またよかった。部屋は新館のスタンダードツインだったが、意外に広い。そして重厚でいて、センスもいい。
 そして何より、朝食がうまかった。二泊して、朝は二回食べたが、一回目を洋食。二回目は和食を選んだ。ほとんどの人が和食を食べていたが、洋食の方がうまかった。妻とも話したが、僕らが今まで泊まったホテルの朝食で、奈良ホテルの洋食は、間違いなく一番であったと思う。そのぐらいの、クオリティーだった。
 二日目は飛鳥を自転車で回った。長閑な田園風景の中に、古墳が点在する。まるで桃源郷のような景色だった。
 三日目は法隆寺と中宮寺を歩いた。ここもまた、圧倒されまくって、目が回るほどだった。
 ローマもそうだったが、あまりハイレベルの美術品を見続けると、脳がいっぱいいっぱいになってしまい、悲鳴を上げる。嬉しい悲鳴だが、正直疲弊する。しかしランニングの疲れと同じで、回復すると、気分は爽快である。

 今回はなんと、生意気にも、新幹線はグリーンを使った。奈良ホテルにグリーンである。
 これで暫くは、どこへも行けない。思い出を反芻しながら、夏まで過ごそうと思う。
 

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。