スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

党首討論を見て思ったこと


 昨日、ニュースで党首討論をちらっとやっていた。大阪地盤の某党の新党首は鳩山元総理のまわりをうろちょろしていた頃と比べ、格段に成長した感が伺える。
 新党首とは、大学時代によく六本木で顔を合わせた。
 僕は当時、六本木に毎週のように出没していた。多いときは週に三日以上は通っていたと思う。大好きだったのだ。あのキラキラな雰囲気が。
 僕の目的地はディスコ(この言葉を今書くと、なぜか恥ずかしい)だったが、当時のディスコはリーズナブルだった。よく行っていたナバーナやWithは、たしか三千円ぐらいで、飲み放題、食べ放題だった。ね、すごく安いでしょう。
 僕なんか田舎者の貧乏人だったから、オープンの5時から入店して、閉店の5時まで居座っていた。そうすると12時間、飲んで食べて三千円なのだ。今、こんなに安い場所ってないでしょう。
 もちろん、僕らみたいな12時間居座り続けるのは、ごく少数派で、ほとんどの人は2,3時間で帰っていった。そうすると、三千円は当時としては、普通なのだろうか。
 新党首とは直接の知り合いではなかった。彼は僕らよりも、もっと都会的でお金持ちのグループに属していた。属していたというよりも、中心人物であった。グループが違っても、彼の噂はよく耳にした。
 自民党大物政治家の息子で、ただし複雑な関係で、KOの幼稚舎上がりで、そしてかなりのワルであると。ワルの部分は、具体的には何も知らない。週刊誌なんかに、具体的なエピソードが出ていたりしたようだが、僕は実際には聞いたことがない。
 一度だけ、共通の友人を通じて紹介されたことがある。たしか2、3分話した。向こうは当時から有名人だったから僕は憶えているけど、向こうは当然、覚えていないだろう。
 身長は僕と一緒ぐらい。当時としては平均的。今なら若干小柄な部類だろう。顔、ルックスはまあ並というところか。政界ではイケメンで通っているようだが、六本木を跋扈するのは、ルックスに自信のある輩が多い。モデルやタレントも結構いて、その中では特にカッコいい部類ではなかった。でも、すごく目立っていた。とくに目と声が。
 六本木には今も昔も、本物のワルが跳梁している。目つきの鋭いのは、わんさかいる。でも彼の目は、本物たちと引けを取っていなかった。紹介されたとき、ちょっとビビったのを覚えている。そして腹から響き出る声は、力が満ちていた。ああ、こいつは他の遊び人とは、ちょっと違うなと感じたものである。

 政治家になったことは、ずっと前から知っていた。正直、ダメだろうと思っていた。親の七光りがあったとしても、あんな遊び人上がりで、きっとそのうち化けの皮がはがれるぞ、と予想していた。
 昨日の党首討論を見ていたら、僕の予想は誤りであったようだ。むしろ当時の印象の方が正しかったみたいである。
 

スポンサーサイト

東芝よ、ヤマダ電機よ、さらば


 パソコンを買った。機種は東芝のダイナブック(BX/35MB)で、購入場所は大船のヤマダ電機である。パソコン、ヤマダともに顧客満足度で評価すれば、星ひとつ(最低評価)で、今、とても後悔している。
 僕は東芝という会社が好きだった。メザシの土光さんに敬意を抱いていたし(近くの寺に土光さんのお墓があり、手を合わせたこともある)、神奈川県発の世界的企業であることに誇りを覚えていた。
 20年前に米国留学をしたときに、クラスメートのアメリカ人がダイナブックを使っていて、「very good」といったときの表情を今も覚えている。僕はとても誇らしく感じたのものだ。
 その東芝の製品が、詐欺まがいのできばえだった。昨日一日、汗を流しながら接続作業を終えて、起動して驚いた。遅い、信じられない程、遅い。普通、パソコンは買ってきたばかりだと、サクサクと動く。アプリケーションの数は少ないし、へんなクッキーなんかがくっつけられていないからだ。それが、最初から、重石を足にくくりつけられているように、動きが遅いのだ。
 調べたらメモリーが2MBしかなかった。いや、それは知っていた。でもヤマダ電機の店員が、それでもまったく問題ないと言ったのだ。その言葉を僕は信じた。(形体上、メモリーの増設は個人ではできない。増設する場合は、東芝に持ち込まなくてはならない。料金は、うんと高い)
 今まで僕はパソコンは大抵、ネットで購入してきた。それが今回は急いでいた。再来週から我が家の二階はリフォームをする。僕の書斎は二階であり、リフォームの期間は一階に移らなくちゃならない。今、使っているのはデスクトップで、有線回線でつなげてある。そこで無線でつなげるノートを早く購入したかったのだ。ずっと前から、そんなことは分かっていたが、さぼっていたのだ。そして残すところ二週間となり、もしかして注文生産だったりしたら間に合わないと思い、できあいのパソコンをヤマダで買うことにしたのだ。
 とても安いパソコンである。ヤマダ電機では47000円ぐらいで、売っていた。ポイントが10パーセントつくから、42000円ぐらいになる。とても安いと思った。
 しかし帰って来てから調べたら、同じ機種でもアマゾンでは、37000円で売っていた。一万円も安い。
 それに他のメーカーまで視界を広げれば、うんと高スペックで、安いのがいっぱいある。
 ヤマダ電機でもレノボだとかの、他のメーカーで安いのもあった。でも、つい東芝の名前にひかれてしまった。

 いくら安いとはいえ、こんな使えない機種を平然と発売している東芝という企業。企業としての矜持は、どこにいってしまったのだろう。
 海外メーカーは、同価格帯で、ずっとよい製品を製造している。今の東芝は、コンシュマーグッズを製造する力が、極端に衰えてしまったのではないだろうか。最近の不正経理の問題も、根っこは繋がっているはずだ。土台から、力を失っているのかもしれない。
 そして支店の大胆な整理を発表したばかりのヤマダ電機。僕はずいぶんと細かく聞き、店員は懇切丁寧な説明をしてくれた。しかし後から調べれば、嘘といってもいいような内容の連続であった。
 両企業に、僕と同じような気分にさせられた消費者は、全国に少なくないだろう。一度、失った信用を取り戻すのは簡単ではない。
 

その確率は97%


 昨日は図書館まで、てくてくと歩いて行った。片道40分の行程である。
 本を返し、別の本を借りにいったのだが、ちょっと雑誌コーナーに立ち寄り、文春を読んだ。
 いつの号だか知らないが、怖い記事が載っていた。首都圏直下型地震が30年以内に起きる可能性は70%、そしてなんと南海トラフ型地震が50年以内に起きる可能性は90%だそうだ。
 するとである。仮に僕が100歳まで生きるとしよう。この可能性は、あまり高くないのだが、便宜上そう仮定する。すると死ぬまでの間に、両地震が起きない可能性は3%になる。(僕の計算によるもの)。
 ということはである、両方の地震が起きる、あるいは片方のみが起きる確率の和は、97%になるのだ。ほぼ確実に、起きるということじゃないか。
 もう、地震が近い将来、起きることを前提に、我々は生活をしなくてはならないのだ。
 一昨年、耐震補強工事を行った。計算上はこれで震度7でも、我が家は潰れることはない。はずだ。
 潰れないと仮定すれば、できれば僕とかみさんの両方が自宅にいるときに、地震は起きて欲しい。それが無理ならば、せめてかみさんが学校にいる間に起きて欲しい。最悪なのは、かみさんが通勤途中で、地震が起こることだ。もし電車に乗っている時に、地震が起きたら、電車はどうなるのだろうか。脱線するのだろうか。その辺りの、シュミレーションは、どう予測しているのだろうか。あとで、ネットで調べてみよう。
 この辺りは標高が50メートル以上ある。津波のことなど、まったく考えずにこの家を買った。通勤や街からの帰りの坂は、正直うんざりさせられることがある。でも、良かったと、今は思う。まさに禍福は糾える縄の如し、なのである。
 

ご近所の地産地消


 もう2か月ぐらい前のことだが、ウォーキングの途中、ある年配の方と話す機会があった。その際に、とても役立つ情報を教えてもらった。
 この近くに、野菜を毎日、販売している家があるという。最近、野菜が高くて、といった話をしていたら、教えてくれたのだ。こうした話を見ず知らずの人とする点で、僕の普段の主夫ぶりがわかるというものだが。
 翌日、すぐにでかけていった。その家は、我が家から徒歩3分のところにあった。
 たまたま野菜を並べていたご主人と話すことができたのだが、どうも横浜市の青果市場関係の仕事をされているようだ。毎朝、仕事のついでに仕入れ、家のガレージで販売しているという。野菜は地元で採れたものばかりだという。
 これがなかなかの野菜だった。新鮮で、そしてかなり安い。たとえば新タマネギなんかは、近くのスーパーで400円ぐらいのものが、300円。200円の人参が100円、といった具合だ。
 それから毎週、なんどか足を運んでいる。先月は雨が多く、さらに夏野菜への端境期であったため、あまり良いのが並んでなかった。ようやく最近、また良いのが目立ち始めている。
 先日は人参とトマトときゅうりを買った。きゅうりは200円で、6本はいっていた。形は不ぞろいだが、新鮮でみずみずしかった。

 またまた逗子のよい処を見つけた。
 

体力と、三つ気を付けていること


 今年に入って、ほぼ毎週末、合気道の稽古にでかけている。
 昨日も稽古をしたが、ひとつ年上の先輩と話していて、体力の低下の話題がでた。先輩は腰やひざが痛むし、体力の低下が目立ってきたと言っていた。
 僕は腰痛はないが、背痛はある。背骨が少し曲がっていて、筋肉がいつも緊張し、痛みが起きるのだ。
 膝の痛みもある。これはO脚のため、軟骨の減り方が均等でないために起きたものだと思う。
 背痛は、昨年末ぐらいにピークに達し、九段坂病院で神経鞘腫の年一回の定期検査の際に、中井先生に相談をした。中井先生は側弯症の大家でもあるのだ。診察の結果、大したことはないと言われた。それでほっとしたのか、痛みも消えてしまった。
 というのは、ちょっと誇張である。中井先生の診断結果に安心したのは事実だが、他に理由がある。毎日、二回、懸垂マシンに一分間ずつ、ぶらさがっているのだ。これは効果がてき面だった。おかげで、今は痛みはほとんどない。
 膝の方は歩き方に気をつけている。僕の靴底は、外側が激しく減る。外側が減らないように、意識して歩くようにしているのだ。
 僕は毎日、約一時間のウォーキングをしているのだが、その際に、三つ気を付けていることがある。ひとつは表情。これは合気道の先輩で、武道全般の達人(段数の合計は30段だとか)がいるのだが、その人に、「山本さんは、いつも眉間にしわを寄せている。力が入っている証拠だ。治した方がいいよ」と言われてから、眉間にしわが寄らないように、気をつけているのだ。
 二つ目は姿勢。僕は猫背である。高校生の頃、ジェーム・スディーンの真似をして、赤のスイングトップなんかを着ていたりしたが、猫背もまねてしまった。それ以来、ずっと猫背である。これをこの歳にして、改善しようと、今努力中である。
 そして三つ目が、足の裏にかかる荷重を平均するような、歩き方である。
 この三つ目の効果は、徐々に表れた。いっときは、ただ歩くだけで、膝が痛くて、足を引きずっていた。それが今は、ほとんど痛みがない。このままいったら、確実に近いうちに杖だなと、恐怖におののいていたのだが、どうもしばらくは大丈夫そうである。
 ところで体力だ。僕は体力の衰えを今のところ、ほとんど感じることはない。合気道の稽古をがんがんしても、ほとんど息が上がることはない。
 以前、誰か武道をやる作家が書いていたが、彼は75歳まで、体力の衰えを感じることは、まったくなかったそうだ。僕もぜひ、そのぐらいを目指したいと考えている。
 

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。