スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中間発表


 企画書を送ってある出版社、ならびに関係者に先週末、連絡を取ってみた。その報告をしたい。
 まずノンフィクションの翻訳出版企画を今年1月に某大手出版社へ出してあったのだが、その後の経過を電話で問い合わせてみた。
 結果はボツだった。なかなか良い本である。出せば、それなりに売れるんじゃないかと、素人なりに読んでいた。ボツになったのは、とても残念である。
 ちゃんと検討してくれたのであろうか。ただ机の上に積んでおいて、時間の経過を待っていただけではないのだろうか。
 いやいや、そんなことはないだろう。いみじくも伝統ある大手出版社の編集者である。きっと社の路線に会わなかったのだ。きっと、そうであるに違いない。
 これからも、くじけずに他社に売り込みたい。実は翻訳にすでに取り掛かっている。

 次にサーフィン関連の本の翻訳出版企画である。これは別の大手出版社に提出してある。結果を問い合わせたところ、担当者が海外出張であった。今週中に帰国の予定であるそうだ。また問い合わせてみたい。

 次にオリジナルの自著企画をある出版関係者に渡してあった。この方はとても忙しいようで、まったく連絡が取れない。いつも取れない。しかし避けられているのではないと信じている。が、今回も連絡が取れない。
 留守電に要件を入れておいた。連絡待ちの状態である。

 以上である。この3企画をできたら年内に実現化したい。できたら、とても嬉しい。
 しかしたった3本の企画をポーンとどこかに投げておいて、後は待つだけだというのは、自分のような無名の翻訳家にとって、賢明な策とは思われない。建設的、積極的、創造的に取り組み、二の矢、三の矢を次々に放っていかなくてはならない。
 まず今月中に3本目の翻訳出版企画の企画書を書き上げる。そしてまた、どこかの出版社に売り込もう。
 3本目の翻訳企画は最近の異常気象に関する本だ。現在の気象業界のメインストリームとなっている地球温暖化理論と真逆の理論を展開している本である。
 科学全般に言えることだが、最近の気象や健康に関し、人気の高い学説には、一般大衆が理解できるよう単純化されたものが少なくない。しかし科学は単純化することで、道を大きく逸れてしまうことがある。
 気象というのは、実は現代でもほとんど解明されていない分野であるらしい。なぜなら天気に影響をあたえている要素はあまりに多く、複雑だからだ。それを単純化して、結論をショートカットで導き出すことの危険性を説いた本である。
 4本目の翻訳企画も考えている。「家族の幸福」に関する本だ。これは5月中に企画書を仕上げる予定だ。
 個人の幸福に関する本はあまたある。しかし家族の幸福に関する本は多くはない、と思う。どこかが出版してくれると、思っている。

 企画以外では、この前応募した300枚の某文章がある。この結果は8月に出る予定である。
 今週中には別の公募賞へ応募する予定の文章を書き上げたい。枚数は5枚である。
 来週はまた別の公募賞へ出す文章を書く予定である。枚数は30枚以内である。
 それと某機関誌で連載しているエッセーの締め切りが近づいてきた。これは月内に書く予定である。

 仕事に関する現状は、こんな感じである。
 「この秋は雨か嵐かしらねども、今日のつとめに田草取るなり」の心境で、日々淡々と机に向かう所存である。

 仕事以外では、最近は毎日、実際に草むしりをしている。春になって、庭の雑草がいっせいにニョキニョキ生えてきたのだ。昨日は2時間やり、終わった後、一日背中が痛かった。どうも一時間が僕の限度の様だ。
 今日も一時間ほど、草むしりをしようかと思っている。

コメント

Secret

No title

山本さん、こんにちは。
私の夫が昔、ミュージシャンとしてデビュー前のトレーニングをしていた時期があったそうですが、担当のプロデューサーが替わった途端に道が絶たれたと言っていました。
きっと出版業界も、内容の秀逸さをわかってくれる担当者との出会いや相性などに未来が左右されがちなのだろうと推測します。
また音楽業界では、楽曲として良いものよりも売れそうなもの(今ではアイドルとか)がもてはやされる傾向にあるけれど、どこの世界でも似たような気がします。
山本さんに良い縁が舞い込んで出版への道が拓かれますように、陰ながら応援しております。

Re: No title

楼蘭さん

励ましのお言葉、ありがとうございます。なんとか良い縁が舞い込んでくるまで、諦めずに続けるつもりです。
ところでご主人はミュージシャンなんですか。ブログで後ろ姿だけですが拝見して、ただ者ではないと思っていましたが。知的でカッコいいご夫婦ですね。

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。