スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格闘技あれこれ


 今日は格闘技のはなし。
 まずは相撲である。昨日の白鳳VS稀勢の里戦を見て、稀勢の里の横綱昇進はかなり難しいと再確認させられた。稀勢の里の欠点はいくつか指摘されている。腰高や脇の甘さ。しかしもっとも大きな問題点は立ち合いである。立ち合いは相撲でもっとも重要な要素だからだ。書くときりがないので、簡単に書くと、稀勢の里は分かっていない。稀勢の里は、立ち合いはスピードとタイミングの勝負だと思っている。だから突っかけてしまうのだ。しかし立ち合いで大切なのは、“間(ま)”だ。相手の間を殺し、己の間で立ち会う。この勝負なのだ。対する白鳳は、そこのところをよく分かっている。
 稀勢の里は史上最強の大関であった魁皇に次いで強い大関だと思う。弱い横綱、たとえば二代目若乃花や北尾、今の鶴竜なんかよりも、強いと思う。立ち合いを除けば、白鳳並の強さかもしれない。しかしあの立ち合いであるならば、これからも大関で留まるだろう。
 次に遠藤だ。対して遠藤は、間がわかっている。間がわかっている関取は、現段階では3横綱と遠藤だけのように思う。今場所は負け越すかもしれないが、怪我さえしなければ、必ずや大関以上に届くだろう。

 昨日は村田諒大の試合があった。村田は進化している。プロになってから、一戦ごとに強くなっている。彼もまた、間がわかっているように、昨日の試合を見ていて思った。
 村田のパンチは決して早くない。むしろスローモーションのように、ゆっくりと解き放たれる。それが不思議と、当たる。村田は相手の間を殺しながら、打ち込んでいるので、相手には見えないのだ。
 村田はパワーもあるし、体幹の力が強い。今のままで十分、世界ランカーの下位の選手に勝てるだろう。しかしミドル級は世界一選手層が厚い階級だ。チャンピオンはどの団体も化け物クラスがそろっている。とくに現在のチャンピオン達は、過去最強のメンバーだ。WBAのゲンナジー・ゴロフキン、WBCのセルヒオ・マルチネス、そしてひとつ階級が下だがフロイド・メイウェザー・ジュニアもいる。マニー・パッキャオもミドル級を狙っている。このモンスター達に、村田が当たるとしたら。残念だが、現段階では勝ち目はないだろう。村田陣営は2年以内に世界戦に挑戦するスケジュールを立てているらしい。2年でどこまで力を伸ばせるか。才能は十分にある。間も分かっている。あとは精神力だ。2年間、徹底的にボクシングに集中した生活が送れれば、可能性は十分にある。モンスター達をぜひ、倒してほしい。

 最後に総合格闘技について。明日、UFCの173回大会がラスベガスで開かれる。日本からは水垣偉弥と菊野克紀が参加する。非常に楽しみにしている。
 ふたりともベースは武道の選手である。水垣は剣道、菊野は柔道と空手だ。
 水垣は剣道から得たものは少ないと言っているようだが、試合運びを見ると、剣道的な動きが随所に見られる。剣の間が、身体にしみついているのだ。
 一方、菊野は武道家であることを公言している。とくに空手は、もとは極真の選手であったが、今は沖縄拳法という沖縄古流の空手を学んでおり、その奥義を試合にいかんなく発揮している。 
 僕はこの菊野に今、もっとも期待を寄せている。菊野こそ、武道的な動きを追求し、それを近代的な総合格闘技の世界で体現できる選手なのだ。
 おそらくこのブログを読んでいる方のほとんどは、菊野克紀の名をご存じないだろう。しかし3年後は、桜庭や秋山以上に、一般に名の知れた選手になるかもしれない。
 UFCは地上波では放映されない。日本で見るには、WOWOWかUFC.TVという有料放送を見るしかない。しかしいつか日本人初のチャンピオンになれば、その名は知られるはずだ。明日の試合相手は相当な強豪である。試合前にこんなことは書かない方がいいのかもしれない。でも勝ってから、書いても意味がない。菊野は明日、かならずKOで勝つ。
 そして着実にチャンピオンへの階段を登って行くはずだ。日本武道は実に利にかなっていて合理的だ。間と理合いを習得することができれば、実に強いのである。

コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。