スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃焼率のアップと、その効果


 あるサイトを見ていたら、広告に目がいった。「4~50代の体力アップ」とか、なんとか。クリックすると動画が動き出した。よくあるサプリメントの広告だった。その広告はそのサプリメントを飲むと、エネルギーの燃焼率があがり、痩せることができる。すると体調もよくなるというものだった。
 広告では、モデルの男性はサプリメントのお蔭で、減量に成功し、気分が爽快、仕事がうまく運ぶようになった。おまけに若い女の子にも、モテモテだ。
 サプリメントを飲んで、痩せるとか体調が上向くとかには興味がない。でも燃焼率があがれば、そうなるという点には同意する。モテモテを除いてだが。いや、これもありえるかなあ。

 昨夜、寝る前にベッドで新渡戸稲造の「自警録」を読んでいたら、恐れの気持ちは体力の低下と相関関係があるようなことが書いてあった。だからビビり(新渡戸はこんな表現はしていないが)を治したければ、体力を付けろというのが趣旨であったように思う。
 体力と燃焼率はイコールではないが、相関関係はあると思う。体力を付ければ、燃焼率は高まる。だから、大まかに言えば、「≒」の関係だ。
 ここまでは前置きだ。最近わりと仕事が捗っている。こんな表現は今までなんどもブログで書いているし、その反対も書いている。ただ感情のバイオリズムのてっぺんに、たまたま今いるだけだと、このブログの読者ならば思うかもしれない。まあ、そうだろう。自分でもそう思わなくもない。でも今回は、体力と関係しているように感じている。
 ずっと続けている筋トレや散歩だが、ここ2か月ぐらいは、ほぼ毎日励行している。散歩は会社を辞めてからずっとだから5年間、筋トレは20代後半からだから、30年間もやっている。でも結構やらない期間もあったりする。やっている時でも、平均したら週に半分もいかないかもしれない。
 しかしこの2か月は、ほぼ毎日である。
 以前から考えていたのだが、「筋肉を超回復させるためには、中2日ほど空けるべきだと言う理論は、必ずしも正しいアプローチではない」のではないか。
 たとえば熱心な武道家ならば、毎日稽古をしている。それで素晴らしい肉体を形成し、歳を取っても維持している。以前、うちの耐震補強工事に来た職人の腕の太さは尋常ではなかった。
 武道家や職人は、毎日稽古や仕事をしている。中2日空けているようなことはしないで、あの体型である。あの職人の前腕を筋トレで作ろうとしたら、どれだけジムに投資しなくてはならないだろうか。
 そんなことを考えて、最近は毎日、たんたんと筋トレと散歩を続けている。たしかに僕の筋トレは、ジムでがんがんやっている人の筋トレとは比べ物にならないほど、簡単なものだ。だから毎日、続けられるのだろう。
 それでこの2か月の結果だが、かなりシェープアップされ、筋肉もついた。そして食べても太らなくなった。筋肉量が増えたので、燃焼率がアップしたのだと思う。たぶん食事の量は2割がぐらい増やしている。毎日、牛乳を飲み、卵は2個食べている。3時のおやつも、ばくばく食べている。それで体重は減った。体重は減らしたくないので、もっと食べなくてはならない。これが結構、大変である。
 そして、だ。仕事への意欲が増したように思う。毎日、机に向かうことが、以前よりも楽しくなった。錯覚かもしれないが、今のところそう感じている。
 6月になって、応募作品を書いている。日々の目標は原稿用紙で12枚、これでいけば、6月の後半には目標枚数の200枚に届く。最後の1週間は、清書に当てることができる。
 あまり大言壮語は止した方が、身のためだ。まだ6月4日である。今のところは、目標をクリアしている。

 きちんとノルマの仕事を終え、筋トレで汗を流し、近くの森を散歩して風呂に入る。その後のビールは、ことの他うまい。
 燃焼率をアップさせると、体調がよくなり、仕事もはかどるというあの広告は、この点においては正しいようだ。モテモテの方は、まだ結果が出ていない。

コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。