スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買ってしまった


 いきなり買ってしまった。ちょっと大きな品物を。
 今、乗っている車はプジョーだ。4年前に購入した中古車だ。年齢は15歳ぐらい。歳は取っているが、走行距離は3万キロ程度で、エンジンはしっかりしている。
 しかし最近、あちこちにガタがきていた。まずはバッテリーが上がった。それは車にはまったく責任はない。僕がうっかりキーを刺したまま停めておいて、バッテリーを上げてしまったのだ。新しいのに替えた話はブログで書いたと思う。2か月ほど前のことだ。だからバッテリーは新品で、そこに問題はない。
 では問題は何かというと、ひとつはブレーキだ。ブレーキパッドが硬くなっていて、「キー」と音がする。パッド、ディスクとも厚さには問題はないので、交換する必要はないといわれているが、かなりうるさい。一度など、お節介なおじさん2人組に、「あんたの車、大丈夫? 俺だったら、修理するなあ」と言われたことがある。まったく見ず知らずなのに。
 でもあまり僕自身は気にしていない。音は慣れるもののようだ。
 ワイパーは劣化し、きれいに雨をふき取ってくれない。すじが残る。しかしこれも、それほど気になるほどではない。
 ウインカーを出すと、ものすごいピッチで「カチカチ」音がする。普通の感覚の、倍以上で「カチカチ」となる。またこれも、あまり気にならない。
 かみさんが乗り込むと、「キュー」とサスペンションが、悲鳴を上げる。これはちょっと恥ずかしいような気もするが、気にしないようにしている。
 リアのワイパーは普段は動くのだが、大雨に会うと、動かなくなる。肝心のときに役に立たない奴である。しかし、これもまあ個性だと思うようにしている。
 ギアをニュートラルに入れていて、たとえばドライブに動かそうと思うと、ギアがロックしてしまい動かないことがある。これはかなり、苦労をさせられている。この間、逗子に買い物に出かけた際、踏切で止まり、ニュートラルにギアを入れた。電車が通り過ぎ、ドライブにしようかと動かしたのだが、ロックして動かない。後ろには車の列ができている。数分間、がんばってトライしたのだが、ギアは言うことを聞いてくれない。ついに後ろの車から運転手が降りてきた。歩行者も集まって来た。「大丈夫ですか。押して動かしましょうか。渋滞になっちゃってるし」と、大迷惑をまわりにおよぼした。それでも、ごちょごちょとやっていて、最後に動いた。慌てて逃げるように、その場を立ち去った。
 このとき、かみさんが同乗していた。かなり恐怖を感じたようだ。
 そのちょっとお疲れ気味のプジョーの車検が、2か月後に迫っている。すでに車検の見積もりを2社に出させ、一社を選択し、予約を入た。
 ところが予約を入れると同時期に、中古車屋にある車を探す依頼を出した。例の踏切事件があり、もしよい車が見つかったら、この際に買い替えても良いかと考えたからだ。見つからなかったら、今回は車検を通そうと思った。
 2日ほど前にトヨタのディーラー系中古車屋から連絡があった。依頼してあった車が出たというのだ。実は2台目だ。前回は、見る前に売れてしまった。今回は電話のあった日に、セールスマンに家に来てもらい、写真を見せてもらった。そして翌日(昨日のことだが)に、車を家まで持って来てもらった。その車が下の写真である。
 車種はプログレというかなりマイナーな車だ。不人気車で7年ほど前に生産は中止されている。しかし僕らはこの車が大好きなのである。
 この車は小さなボディーながら、エンジン、足回り、そして内装とも高級だ。当時は小さな高級車として、ベンツのCクラスなんかの強豪車として売り出されていた。しかし人気がないので、中古価格が安い。
 もとから好きなデザインである。僕らは古臭いデザインが好きなのだ。我が家も築40年だが、古臭いところを好いている。
 昨日、見た時点で決めた。実車を見て、一瞬で心は決まった。かみさんも同意見だと言っていた。ものすごく、カッコいい。色もいい。そして内装が素晴らしい。ハンドルやインテリア周りは、なんとマホガニー製だ。シートは布だが、いかにも高級そうな素材で、さらにまったく汚れていない。もとのオーナーが大事に乗っていたことが伺われる。
 さらに新しい。プログレで市中に出回っているのは、10年超が標準である。ところが、この車は生産中止の年に作られた車で、まだ7歳なのだ。走行距離は35,000キロ。プログレとしては、最高のコンディションである。
 運転もした。おどろくほどの静寂性を備えている。昔、新聞社に勤めているときに、副社長の社用車を使わせてもらったことがある。車種はプレジデントだった。ちょっとオーバーかもしれないが、あんな感じだ。僕はプジョーの前は、ベンツのCクラスに乗っていたが、こちらの方がずっと静かである。
 パワーも十分だった。アクセルを踏むと、この辺りの急坂も、まるで平坦な道のように、力強く駆け上る。
 値段だが、予算を10万円ほどオーバーしていた。それで諸経費をうんと削った。たとえば車庫証明は自分で取ることにした。納車も自分でやる。それでも5万円ほど、オーバーしていたのだが、その分はおまけしてもらった。おかげで、予算ぴったりに収めることができた。
 たかが車を買っただけなのだが、とても嬉しい。別に自分が努力して、何かを成し遂げたわけではない。ただの買い物だ。それでも最近としては、一番嬉しさを感じた瞬間だった。納車は3週間後である。

プログレ


コメント

Secret

おめでとうございます。
渋い、しかも非常にspecificな好みですね。それを実現させてしまった。クルマって楽しむものですから。納車が待ち遠しいですね。クルマにトラブルはつきものですが、お聞きする限りでは、比較的健康そうな中古だ。よかったよかった。

Re: タイトルなし

おちゃさん

本当によかったです。プログレはずっと欲しい車でした。でも生産中止になっていて、古い車ばかりで。新しいのはプログレでも、高いんです。ところが、今回、最新(それでも7年ですが)のものが、予算内で手に入りました。
今から納車が待ち遠しいです。
プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。