スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月に一度の勉強会


 土曜日は月に一度の某勉強会に出席した。先月、二次会に参加して、初めての参加にもかかわらず泥酔し、終電を逃した、例の勉強会だ。
 今回も二次会に顔を出したのだが、多少学んだのだろう、ある程度節度をまもって飲むことができた。飲むにつれ、だんだんと態度が大きくなるきらいがあったが、最後のストッパーは利かせることができた。二次会のみで、ささっと引き揚げ、早い横須賀線で帰ってきた。逗子駅からの歩きも心地よく、ちょっとした充実感を得ながらの帰路であった。

 ところで肝心の勉強会だが、二回目の参加ながら、作品を発表させていただいた。まだ正式にも会に入会していないのだが、発表して構わないとの暖かいお言葉をいただき、思い切ってチャレンジをしたのである。
 その会は大変に由緒正しき会で、斯界の第一人者を何人も輩出している。厳しいことでも有名である。前回の参加で、その厳しい様子を目の当たりにしている。発表者に対しては、容赦ないコメントが叩きつけられるのだ。
 当然、僕はびびりなので、恐ろしさに打ち震えながらの発表になった。
 ドキドキの発表だったが、声も震えることなく最後まで読み終えることができた。僕は小心者であるのだが、図々しいところもあり、今回は図々しさが前面に出たようである。
 発表後にいただいたコメントは参考になるものばかりだった。色々な参加者がいて、ちょっと頓珍漢な感じなものもなくはなかったが、実際の読者というのは千差万別である。だから色々な意見をいただけることは、とてもありがたい。とくに業界では超メジャー級な大物である最長老の方のコメントは、目から鱗が何枚も剥げ落ちた。本当に勉強になった。今後に絶対、生かさなくてはならない。

 冒頭、二次会は颯爽と引き揚げたと書いたが、内情を明かすとやっぱり飲み足らなかった。帰りの電車では、ひとり缶ハイボールをちびちびとやってしまった。さらに帰宅後も焼酎の水割りを二杯のんでしまった。普段は節度ある飲酒生活を続けているのだが、外で飲むとどうもスイッチが入ってしまうらしい。
 日曜は案の定、二日酔いで、貴重な休日をボーっと過ごして終えてしまった。
 次はその点でもまた、成長したいと思った次第である。
 

コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。