スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレークスルー


 おとといは例の勉強会で都内にでかけた。昨日は神経鞘腫の年に一度の定期検査で、また都内に出た。二日続けての上京はめずらしい。スイカに一万円チャージしても、すぐになくなってしまう。逗子暮らしは快適だが、定期券を持たない身で、頻繁に上京するのは、財布にこたえる。

 ノーベル賞を取った三人の日本人の英語スピーチを、ちょっとだけだが聞いた。最年長の赤崎博士の英語は強烈なストロングアクセントで、日本人の僕でもよく聞き取れなかった。おそらく会場にいたほとんどの人が、赤崎博士が英語をしゃべっているのかどうかも分からなかったのではないだろうか。
 天野博士と中村博士の方はと言うと、標準的なおじさんイングリッシュであって、日本人としては、聞きやすかった。が、他国の人にとってはどうだろうか。
 で中村博士である。たしか博士はカリフォルニア州立大学サンタバーバラ校の教授であって、国籍もアメリカに移している。つまりアメリカ人だ。
 2000年に同大学の教授になっているようだから、もう14年間も滞米生活をつづけている。仕事は当然、英語のはずだ。それで、あのおじさんイングリッシュだ。
 博士のスピーチを聞いて感動した場面もあったが、あの英語には落胆させられた。僕の英語もあんな感じなので、博士の英語を非難しているのではない。そうではなくて、14年も英語生活を続けても、日本人男性の英語は、あの程度にしかならないと、再認識させられて、思わず落胆したのだ。
 やっぱりある水準以上の発音を習得するためには、早期学習が必要なのだ。錦織圭の発音は好例だ。
 英語の早期学習について、僕は以前否定的な考えをもっていた。読み書きこそが大切であり、読み書きの習得は中学生以降で十分だと考えていた。
 しかしこれから日本が置かれるだろう、社会的、ビジネス的環境を思えば、それだけでは足りないだろう。日本の国際社会におけるステータスは、どんどん低下して、アジアの一国にすぎなくなるだろう。そのときは、今の東南アジア諸国と同じように、英語がビジネスの基本となるだろう。
 東アジアの現状を見ても、中国人は流ちょうに英語を使う。中国語は発音が複雑で、英語の発音も苦にならないらしい。韓国人も日本人よりは、英語がうまい。以前は日本人と大同小異であったのに。韓国は相当前から、小学生にも英語を教えている。その効果が現れ始めている。
 さて、これからの日本の英語教育はどうするべきだろう。中村博士のスピーチを聞いて、再考させられた。

 ところで、中村博士のスピーチで感動したというのは、あれだ。「メダルなんて、ただの金属だ」の発言ではない。うん、付き合いにくそうなおっつぁんだなとは、思ったが。そっちの方なくて、「早く日常の生活に戻って、研究を再開したい。また研究におけるブレークスルーが自分には必要だ」的な発言だ。
 世界最高峰の賞を受賞した直後に、すでに次のタスクを見据えている。
 中村博士は相当な変人のようだ。しかし、何事にも全身全霊で立ち向かうには、変人ぐらいの方が適している。僕のような右顧左眄のバランサーは、中村教授を見習わなくちゃいけない。今日の夕飯の献立なんて、朝から考えてばかりいたら、いつまでたっても一流の仕事はできないだろう。といいつつも、今夜の献立は決定済みである。
 

コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。