スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブスな子


 最近、夜中に何度も起こされる。庭に野良猫がやってきて、鳴くからだ。
 野良猫の目的は、我が家のフクちゃん、大ちゃんである。野良猫は多分、メスだ。
 一日に何度もやって来る。家の周りをうろうろして、そして切なげな声で鳴く。
 まったく赤ちゃん状態である大ちゃんは、おっかながって声が聞こえるとどこかに隠れる。一方、男気のあるフクちゃんは、迷惑げかつ、ちょっと興味があるよう。ちなみに、二匹とも去勢済みで、ニューハーフである。
 いつも声だけで姿を見せない。どんな子なんだろうと興味があった。ある日、フクちゃんが大声で騒いでいるので、一階の和室に駆け下りた。そして例の子を目撃した。
 うん、かなりのブス子ちゃんであった。黒猫なんだけど、手足が短く、顔は大きい。それに顔にデキモノもある。野良なので、厳しい外の生活で、きっとそんな顔になったのだろう。
 一方、うちの箱入り息子たちは、家に来る人が驚くほどの美形である。とくにフクちゃんなんかは、超がつくハンサムボーイだ。

 ブスな子の顔を見たら、かえってかわいそうになった。以前は「うるせーなー」、と思って玄関を開けて、「コラッ」と、怒鳴ったこともあった。でもあの顔を見てからは、怒鳴れなくなった。夜、鳴いていても、中島みゆきの歌声のようで、なぜか切ない。
 でもうちのハンサムボーイズは、同情心などないようで、大ちゃんは逃げ回り、フクちゃんは「うー」と唸っている。
 

コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。