スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今井雅之の思い出


 今井雅之が死んだ。今井とは大学の同期だった。
 同級生ではない。今井は文学部、僕は経営学部で当然クラスは違ったが、入学した年が同じだったのだ。そして数か月間だけだが、サークルが一緒だった。
 僕らは入学と同時にESSという英語のサークルに入部した。たしか今井はドラマ班で僕はリタラチュア(文学)班だった。班は別々だったが気が合って、よく二人で話したものだ。
 僕らはともにESSでは浮いていた。ESSは典型的な文化系サークルで、部員のほとんどが、いかにも文化系サークルにいそうな人たちだった。つまり真面目で、野暮ったくて、サークル内での恋愛に熱心であった。
 僕も今井も文化系サークルの対極にいた。今井は完全な体育会系だったし、僕はまったくの軟派小僧であった。
 つまり僕と今井も、もしESSに入らなければ、おそらく仲良くならない別の種族に属していたのだ。でも僕らは、練習の合間とかによくだべった。
 今井は二年間、陸上自衛隊で戦車に乗っていて、そこで学費を稼ぎ、自力で法政に入学した。僕は一浪の末、志望大学をみんな落ちて、滑り止めで法政に入った。
 今井は入学当時から、燃えていた。僕は最初から敗者気分で厭世的であった。そんな僕から見たら、ひとつ年上の今井は、カッコよく、そしてちょっと暑苦しかった。
 今井が大学に入学した理由は、役者になるためだった。ESSに入部したのも、役者になるためだった。今井は、「俺、ハリウッドスターになりたいんだ。自衛隊に入ったのは、体を鍛えるためで、ESSに入ったのは、英語力をつけるためだ。みんなスターにたるための、投資だ。いつか必ず、大物になる」、とよく言っていた。
 今井は原宿のぼろアパートに住んでいた。それは、「スターになるためには、スターと同じ場所に住まなくちゃいけない」からだった。
 毎朝、代々木公園をジョギングしてから、さらに市ヶ谷の法政まで走って通学していた。会うときはいつもTシャツが汗で濡れていた。
 僕も今井も、夏休み前にESSを自然脱退した。いつの間にか、行かなくなったのだ。今井はアルバイトと芝居の練習で忙しく、僕はアルバイトと女の子関係で忙しかったからだ。
 ある日、久しぶりに今井とキャンパスで会ったことがある。「最近、合同コンパに行くようになったんだ」と恥ずかしげに言った。当時は合コンとは言わず、合同コンパといったのだ。僕はそれまで、合同コンパというものに行ったことがなく、とても興味深く彼の話を聞いたものだ。実は具体的な話も、かなり詳しく聞かせてもらったが、ここでは書かない方がいいだろう。
 それが今井と会った最後の瞬間だった。
 大学を卒業して何年か経った頃、写真誌のFocusに「自衛隊出身の劇団員」として今井が載っている記事を、たまたま読んだことがある。当時、今井はまったくの無名の劇団員で、「ああ、まだ続けてるんだな」、ぐらいにしか、そのときは思わなかった。
 それから、おそらく10年は立った頃だろう。今井がテレビに出ていることに気づいたのは。それまでも今井雅之という役者が出ているドラマは何度も見て、顔は憶えていた。しかしあれがあの今井だとは気付かなかった。それほど今井は変わっていたのだ。
 大学時代からマッチョで男っぽかったが、どちらかというと朴訥で、大人しいタイプの男だった。それが押しの強い、個性派俳優になっていて、その変貌ぶりに、僕は今井だと気づかなかったのだ。
 今井は、大学時代望んだとおり、大きな男になっていた。

 今井は有名になる前から、僕のひとつのお手本だった。今井のような強烈な情熱を若い頃から持っていたわけではないが、今井の夢を追いかける姿を、僕はずっと後ろからだが、追いかけていた。
 僕は46歳で会社を選択退職し、翻訳者になり、小説を書くようになった。今井についての記憶が、僕の背中を押してくれたのだと思う。
 大学時代の一時期をともに歩み、そしてその後、僕のずっと先へ走り去っていった今井。強く逞しく、そして心優しき男であった今井。俺はいつも、うんと遠くても、ずっと先にある君の背中を目指して、もがきながら歩き続けてきた。その背中が消えてしまった。寂しいよ。
 


コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。