スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その確率は97%


 昨日は図書館まで、てくてくと歩いて行った。片道40分の行程である。
 本を返し、別の本を借りにいったのだが、ちょっと雑誌コーナーに立ち寄り、文春を読んだ。
 いつの号だか知らないが、怖い記事が載っていた。首都圏直下型地震が30年以内に起きる可能性は70%、そしてなんと南海トラフ型地震が50年以内に起きる可能性は90%だそうだ。
 するとである。仮に僕が100歳まで生きるとしよう。この可能性は、あまり高くないのだが、便宜上そう仮定する。すると死ぬまでの間に、両地震が起きない可能性は3%になる。(僕の計算によるもの)。
 ということはである、両方の地震が起きる、あるいは片方のみが起きる確率の和は、97%になるのだ。ほぼ確実に、起きるということじゃないか。
 もう、地震が近い将来、起きることを前提に、我々は生活をしなくてはならないのだ。
 一昨年、耐震補強工事を行った。計算上はこれで震度7でも、我が家は潰れることはない。はずだ。
 潰れないと仮定すれば、できれば僕とかみさんの両方が自宅にいるときに、地震は起きて欲しい。それが無理ならば、せめてかみさんが学校にいる間に起きて欲しい。最悪なのは、かみさんが通勤途中で、地震が起こることだ。もし電車に乗っている時に、地震が起きたら、電車はどうなるのだろうか。脱線するのだろうか。その辺りの、シュミレーションは、どう予測しているのだろうか。あとで、ネットで調べてみよう。
 この辺りは標高が50メートル以上ある。津波のことなど、まったく考えずにこの家を買った。通勤や街からの帰りの坂は、正直うんざりさせられることがある。でも、良かったと、今は思う。まさに禍福は糾える縄の如し、なのである。
 

コメント

Secret

プロフィール

山本 拓也

Author:山本 拓也
職業:翻訳者
過去の職歴:HSBCを経て産経新聞社
家族:妻、フクちゃん(猫オス 3歳)、大吉くん(猫オス 2歳)
住まい:逗子

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。